マンガ 孔子の思想など(中国古典思想系)



 
世界史・倫理専攻ならおなじみの、中国古典諸子百家シリーズのマンガ・文庫版です。
比較的古い書籍で、おっさんが中国古典に興味を持った切欠であり
ガキの頃から愛読しているシリーズです。
 
中国古典と言えば、昔は教養人の必読書と言われ
科挙では、もっぱらその暗唱の正確性が問われたと言われていますが
諸葛亮は暗唱よりも、大意把握を重視し応用性を考えた、みたいなエピソードがありますね。
 
そう言った意味でも、大意を掴んで原典への足掛かりにしたり
現実の状況に当てはめて、解決策や思考のための参考としたり
忘れたころに思い出しがてら読む、などと言った活用法として非常に便利な書籍です。
中国古典、という時点でアレルギーがある人でもすんなり入っていけると思うのでおススメです。
 
一通り把握するだけでも、創作上のネタになると思いますし
特に孫子・韓非子あたりから入って、きちんとした兵法書の解説に手を出してハマる
みたいな流れで読むと良いんじゃないかなと思いますね。
(個人的には、マンガ 史記・列子の思想と菜根譚・世説新語の思想が廃版になったのが非常に残念です)