フランス革命 歴史における劇薬

Pocket


 
ボンブーレ革命政府のモデルになったフランス共和政成立の
第一帝政に至る前くらいまでの時系列・背景を解説した書籍です。
岩波ジュニア系なのであまり堅苦しい文章に耐性がなくてもスラスラ読めます。
 
とりあえず、大雑把にフランス革命は知ってるとか
獅子の時代から入って、正史の方に興味を持ったという方への入門書としては最適です。
内容も、論述形式というより個々の人物や事件のエピソードを中心に書かれているので
革命期の主要人物の動向の把握や、流れを押さえるには便利だと思います。
 
個人的な感想として、この書籍はいささか革命思想に賛美的な色合いが強く思えたので
バランスを取るために、下の「フランス革命の省察」も読んだ上で
どっちが自分の考え方として近いか?は、確認しておいた方が良いとは思います。
(おっさんは、無条件的に自由&平等最高!っていうのは好きじゃないんだよなぁ)