鉄道の誕生

Pocket


 
創元社の回し者かってくらいこのレーベルを推してますが、創元世界史ライブラリーの第三段です。
こちらは、鉄道が登場する以前の蒸気機関の開発や、輸送媒体の状況から
どのような社会的要求・承認を経て、鉄道の普及に繋がっていくかを時系列で説明した内容となっています。
 
現在、我々が日常、当たり前のように使用している鉄道が
どれほどの影響を、歴史的・社会的に与えたかを把握する上で、非常に良い参考資料と言えるでしょう。
 
この本を読んで影響され、国策に鉄道網をブッ込んだようなものですが
当初、鉄道網の効果は、”領地移動後でも即攻め込める”みたいな物を再現しようと思っていました。
まあ、スクリプト的にめんどくさすぎるので没になったわけなんですが、今思えば中々感慨深いものがありますネ。