世界軍歌全集



 
西洋軍歌蒐集館 の運営者である辻田氏の著作です。
ラ・マルセイエーズやルール・ブリタニアなどの有名な愛国歌に始まり
クロアチアや北朝鮮などのマイナーな軍歌の原文と和訳とコラムが掲載されています。
(宇宙大将軍の歌は、この書籍を元にパロられましたし、voiceでも引用させていただいた部分がかなりあります)
今でこそ、軍歌は軍靴の足音的な忌避のされ方をしていますが
当時、軍歌や愛国歌がまだ大衆娯楽の一つであった頃の人間のメンタリティが垣間見えると思います。
“西洋”なので、日本の軍歌は掲載されていませんが
西洋近代史に興味がある方には一読の価値ある良書だと思います。
 
ちなみに、著者の辻田氏が同書の発売時に店頭ライブトークをされているのですが
その際のお話の内容も非常に面白いです。
 
個人的に、将来的にはラインの護りや白軍と黒衣の男爵などのアレンジとか作って
きのたけに実装出来たら面白いなとか思ってます。