新作:ロベルの手記について




タイトルはネオ・ジオンじゃねーよ。

――――

【4月なので進捗について】

※暫定UIは映画のフィルムとか動画再生ブラウザかって感じをイメージしています。
 
 
現状、基礎システムの原型が大体組み上がって、一応、EDの一つのフラグは満たせる状態ですが、
シナリオと戦闘の部分はガワ作った程度の骨抜きなので、もうちょっとかかりそうです。
 
なにせ、Unityをいじくるのが初めてで、基礎の基礎にすら苦戦しウゴギガガガギゴ状態であったり、
練習的に、雲から雲へジャンプして、先輩をどれだけ高みにイカセられるか挑戦する「Foo天空<<そら>>へ」とか、
岡山を守るために宇宙空間から飛来するUnKOを糞土方にキャッチさせる「フンベンダーゲーム」とか作っていたら、
予想以上にそっちに時間とられたりしたので、ま、多少はね?
もうほんとに、Unityのトラブルシューティングにご親切に付き合って下さる某氏には頭が上がりません。
あと、コード・ガールこれくしょん(https://paiza.jp/cgc)にも。
いや、このゲーム神だから。プログラムをどこから触ればいいか分からない兄貴はPHPあたりからやってみてどうぞ。
 
 
ともあれ、今回の習作で得られた知見は、次回作以降の制作スピード向上に大いに貢献することでしょう(˘ω˘)
この調子でいずれは「VR捕虜拷問」、「VR督戦隊」、「VR共産圏独裁者」みたいなプレイヤーが没入し、
思わず笑顔になってしまうようなゲームを作っていきたいですね。 
いや、VR彼女のおっぱいパンチで確信しましたけど、絶対この手の「現実ではまず実現しない汚泥みたいな欲望」を
仮想空間で満たすための電子ドラッグの需要あると思うんですよ。
実際にsteam漁れば、平和と相互尊重を愛するリベラルの方向けに、
トラ●プを暴行する・暗殺する系のVRゲー引っかかりますし。
参考:http://www.nicovideo.jp/watch/sm30808228 (連句多兄貴だいすき)
 
そしてゆくゆくはデジタルドラッグカルテルを結成し、
不特定多数の人々に幸せを届ける仕事を業としてできるようになりたいなって。
 
 
閑話休題 ――――
 
 
新作のタイトルは正式名称「イアロト変遷史・異聞 ロベルの手記」です。
ジャンルはサバイバルシミュ系ADVで、シナリオを端的に説明すると、
「転送技術の開発中の事故で、位置不明の秘境にふっ飛ばされた主人公が生き延びて帰還を目指す」という話です。
基本は、探索→道具製作→目標達成→探索のサイクルで、ストレートでやれば3時間くらいでEDにいける想定。
寄り道要素はバランスを見つつ、なるべく多めにする予定です。
11時ぐらいにやり始めて、カチカチやっているうちに2時になってるみたいなそんな感じを目指したい。
 

※純粋な人間一切出ません。

 
最終目標としては沼的なストラテジーを作りたいのですが、技術的にも資金的にもまだ貯金段階ですので、
ひとまず、C#で制作難易度が低めなところから手を付けていこうの精神です。
直近ではXenkoなどの新世代エンジンも出てきていますが、これもC#ベースのようですし、
少なからずC#をやり続けていけば、いずれはなんとかなるでしょう。
 
 

※装備リストが表示されているやつ。
余談ですが、デバイスマネージャーとかでツリーがクリックの度にパカパカ開いていくの、なんか快感を感じません?

 
 
なお、この手のジャンルといえば、みなさんご存じの「ぢきゅうぢそく」がとにかく偉大でして、
制作においては、この作品とどう差別化するかが喫緊の課題です。
 
UI設計とかいじってみて分かったのですが、ぢきゅうぢそくではマウスポインタとボタンの位置関係が緻密に計算されており、マウス操作時のストレスが少なくなるような工夫が随所に凝らされていたりと、
非常に参考になりつつも、一朝一夕では越えられない壁を実感させられています。
ですので、本作はどちらかというとシステム的な土俵で戦うのではなく、
シナリオとか設定を重視して、次回作にも繋げられそうな独自の世界観を固めることを目標にしました。
お披露目的なプロトタイプという感じですね。
 
 

※ある程度ゲームが進むと、MGSライクにサポセンと無線できます。
主任は作中で最も優しく人間味あふれる奴です。戦闘やステ管理に関するアドバイスくれます。

 
 
そういう事情もあるので、この「イアロト変遷史」ですが、
世界観を使い回す都合上、次回作以降も定冠詞的にくっついてくる感じになると思います。
大雑把な世界観としては、大本の部分は金枝篇に着想を得つつ、
「多種族コミュニティ同士の文化的融合と対立」、「いびつに進歩する文明」、「革新的な技術の登場での世界の混乱」
あたりが共通テーマとなるでしょう。
この世界観をベースに時間軸を変えて最低3本ぐらいは続ける予定です。
 
きのたけでは話の作り易さ重視で、特定個人の意思で世界がグイグイ引っ張られるってパターン多用しましたが、
やっぱり、特定個人はあくまで切っ掛けでしかなくて、切っ掛けに対して顔のない大衆がめいめい利己的に選択した結果の集合行動によって形成される社会変化圧力の方が圧倒的なレベルで強いと思うんですよ。
例えば、ラダイト運動に際して靴下職人が失職するのは気の毒だと多数の大衆が同情的であったり、
代弁者として「機械縫製の靴下を買ってる良い子は……やめようね!」っていう思想家がいたとして、
そうは言っても、別に何かから強制されている訳ではないけど、便利で安いからみんな機械縫製の靴下買っちゃう!
→問屋制家内工業アウト、工場制機械工業イン→混乱を伴う強制的な社会変化ズガーンみたいな。
大衆の利己的な行動の総和>>>アジ>>越えられない壁>>>>崇高な思想 って感じのね。
 
 

※上司です。一見ふざけたおっさんですが、
大貴族出身の聖職者のクセに従軍経験が豊富で、野営施設についてのアドバイスをくれます。

 

※初ヒロインです。糞緑要素はありません。
彼女からは世界観的な話や研究の内部事情が聞けます。

 
 
とはいえ、全く生態系すら違う世界を題材にする切実な理由としては、
近いうちに以前に書いた「教団と教義をカスタマイズして布教&施設建設をし、殉死人数や歴史上の文化的価値を競う宗教経営シミュ」を作りたいんですけど、
現実をベースにすると、ジハーディスト、クルセイダー、カルトウォリアーたちとのサバイバルがスタートしそうなので、
それを回避するというのが主ですが……
いや、おじさんがやりたいのはゲ製であって、聖戦ではないからね?
(偶像崇拝系教義マシマシ+教祖が尊師のイス●ム教を再現したSSとか絶対SNSに上げるなよ絶対だぞ)
まあ、人間種族いないので、文化的近似性により、たまたまかぶっただけって言い訳しとけば大丈夫でしょ。

というわけで、最悪でも年内にはweb公開(html5形式)に持っていけるとは思うので、
もう少々お待ち下さい。よろしくお願いいたします。
 
 

※おや? 画面の様子が……?