銃魔の詳しい仕様について.2


スポンサーリンク


第二回だよ。
今回は納期と本業の繁忙期との兼ね合い的に軽くデスマチックだったよ。
愛とユンケルだけが友達だったよ。
カルロさんとお互いに胃をカフェインで刺激し合うチキンレースだったよ。
次回は確定申告とブッキングしているよ。

きのたけ?知らない子ですね……

—-

【1. 第二楽章全般】

後半ダレるって?
だったらダレない方向性を試してみるかという試金石です。
まあ、ストーリーと整合性取りつつ、
第一楽章と違う遊び方ってどうできるかな?という感じで、
基本的に自分が戦略を考えるというより、
他国の戦略に振り回されつつ、その中でもがくというマゾスタイルです。

個人的な所感として、VTプレイヤーはドM多かったと認識しているので、
親和性高いだろうから楽しんでいってね(にっこり

あと、方陣をムリヤリ視覚的に実現させた重駆逐戦車三銃士氏に、
この場を借りてお礼申し上げます。
是非みなさま、方陣(ドヤッ)を叩き潰してください。

尚、作っている間に、blindとobjectの数量多いマップとの融合は、
最悪に近いレベルで戦闘を重くすることを発見したので、視界制限取っ払いました。
おそらく、きのたけの方の視界制限も取っ払う事になるかと思います。

【2. 人身掌握と好感度】

おまけ要素的な感じです。
個人的にはもっとイベントを細分化させたかったですが。
好感度が一定値に達していると、グッドED時に後日談が出ます。
ブルーノは影の主人公。

というより、これである程度好感度によるイベント管理の基礎設計ができたので、
この設計を流用すれば、ギャルゲーか鬼畜王かみたいなシナリオ作れるんじゃないでしょうか。
もし自分らがやるならですが、女人材にイチャラブ・戦場のならい・リョナ3パターン用意しておいて、
・内政ウィンドウから、好感度一定値以上なら「イチャラブ
(ただし、一度誰かとイチャラブ済みで他の人材に手を出すと、元の人材が離反or能力低下or刺しに来る
・好感度が一定値未満の自軍人材や放浪人材に対して「戦場のならい
(実行すると、人材によって「精神崩壊(能力値大幅低下)」「自暴自棄(ステータスが極端化)」付与)
・放浪人材に対して「リョナ
(実行すると、その人材は消滅
みたいな感じに作れたら面白そうだと思いました。
一度見たCGは、実績の方式で再度見られるようにもできますし。

ああ、すまないがホモは帰ってくれ(CG描く的な都合)

【3. ランシナへの国策と禁呪の実装】

絶対に後で要望出てくると思うのであらかじめ見解を出しておきますが、
結論から言うと、なしです。

今回の国策と禁呪は、処理軽減上の都合から勢力単位で最適化しているため、
ここを一から再設計となると、多分プラスアルファで1、2ヶ月くらい必要です。
ですが、残りの第三楽章の公開スケジュールが3月中でほぼ確定しており、
第三話更新時点でこのチームでの制作は終了することも確定しているので、
期限までに第三楽章の中身を作りつつ、ランシナもとなると、
間に合う可能性は限りなく低いです。このへんは悪しからず、ご理解ください。
勿論、次回更新までにもう少し調整は入れると思いますけど。

とまれ、次回で国策と禁呪有りの戦略モードの実装自体は実現したいと思っているので、
その辺はそっちで満たされてください。

それでは、無事に納期に間に合えば、三月にまたお会いしましょう。