2018-12-22

イアロト変遷史④ 超技術オハアム

Pocket

◆第四回 オハアム
ロベルの手記をプレイして下さってありがとうございます。
今回は本作のみならず、次回作以降も中核要素となるであろうオハアムについてです。

基本的枠組みについては本作中でアコニが交信で色々と教えてくれますのでそれをご覧になっていただいてですね……
とは言いつつもアコニの解釈・理論は半分正解、半分間違いです。
どの部分が? というと当分先の話の大ネタバレになってしまうので、当面は秘密です。

まあ、当時は燃素説でも燃焼を説明できてましたから👍
入力と出力結果が紐づいていれば、経路認識が多少狂ってても実用上は問題ないんで👍👍👍

――――

『システム的な話(着想と実装)』

V系傭兵あがりの諸兄に思い出していただきたいことがあります。
昔々、エンブレムの痛さと戦闘力はほぼ比例関係でありました。
クソつよアニメアイコンをはじめ、某いいちこタンクにビリーバンバンされたり、パイルヒトラーとかいうヒゲ伍長アイコンにとっつかれたことはいい思い出です。

さて、そこで天啓。
エンブレムがスキル化できたら面白いんじゃね?

というわけで出来たのが今回の樹符の有効化です。
ただ、全プレイヤーが使う必須要素であるため、あまりにも複雑な工程を何度も繰り返し要求されるのはダルすぎます😥
なので、「自由に記号を作ってそこから自動生成する」形式は止めました。
今後実装するにしても、一筆書きないし、三筆上限でカリグラフィ的なものを作るとかそういう感じに留まるでしょう。
おまけ的やりこみ要素ならいくらでも複雑にしていいと思うんだけどね🔯☸⚛💮

――――

『オハアムの効果』

ネタバレ!
ロベルの手記は「転移のオハアム」に関するあれこれで話が進んでいきます。
テレポート――まさに夢のような技術なわけですが、個人的には一般化は無理だと思います。
というのも……

わたくし「どこでもドアがあったら何をする?」
どうりょう「嫌いな奴××してまわる。あんなこと(意味深)いいな♪ できたらいいな♪」
わたくし「これは一般流通規制されますね」

あわわ😂😖😭

――閑話休題――

転移のオハアムは極端な例ですが、基本的にオハアムは全体的に効果が抑えめで、なおかつめんどくさい工程を踏まなければ効果を発揮しません。
というのも、日常に組み込まれるレベルの便利魔法にしてしまうと、話的に制御がしにくいからです。
たとえば、作中で少しだけ触れている「破れない紙幣」
これは耐久性を向上させるオハアムを紙幣に流用したものです。
一見、大したことない効果なのですが、実際に経済史的な視点から影響力を考えてみると……

・一般化していない技術で製造されているため偽造が非常に困難。
・木材資源が豊富+金属忌避文化な世界観であり、紙幣はコストが圧倒的に安い。
・紙幣なのに信頼性が高いことで硬貨のアドバンテージを食ってしまっている。
 金属保有量に経済規模が縛られる××本位制が根本的に成立しなくなり、いきなり管理通貨制度に移行できる。
・つまり、量的緩和などの金融政策による経済への介入が容易。
・戦争の主流が直接的な武力闘争から債権の押さえあいなどの経済戦争になる。
・そして、通貨発行権を握っている聖会が一方的に経済戦争を仕掛けられる。
・ポトシ銀山でブラックデスするかわいそうな奴隷はいない。
・マンサ氏がくそざこナメクジねこ大好きでエジプト経済が救われる。

ちょっと考えたぐらいでもこれくらいに影響が出ます。
実際に通貨の歴史に偽造との戦いはつきものでした。
だからこそ、撰銭やスーパーノートなどが大きな問題になるわけです。
ケトーダが出世したのもむべなるかな🤟

そういうわけで、あくまで「おまじない」の延長線上にとどめたいのですね。
特に回復魔法とかは人が死ににくくなるのでNG。
まあ、ゲーム的なバランス上、「時震」とか「山椒魚」とか結構なぶっ壊れがあるわけですが、
その辺は設定よりもゲーム的な快適さ重視で😎🤣😁
いずれにせよ、今後の作品でもオハアムに関するごたごた or ごたごたに使われるギミックとしてのオハアムという構図が主流になりそうです。
例えば、「過育成」や「人格の変質」、「ヴェパィムの社会的地位の向上」などなど色々ネタはあるのでお楽しみに!

――――

『おまけ』

ロベルの手記中で有能なオハアムとヒントをいくつか置いておきますね。

   

・「賛美の情にはにかむ裸の小径」がファストトラベルとるのに有効
・「貧困な創世力」は早めに作ってつけっぱなしが吉
・「先駆け男の熟考」+「夫用首置きチェスト帰依会」+「一閃」で、雑魚戦でかなり無理が利く
・ハードモードに慣れるまでは「素敵な収容所風雲録」が便利
・火力が足りない人は「報復報復報復報復報復報復」+「いたぶり執拗に可愛がる」

――――

次回は、世俗諸侯の扱いについてを予定しています。