◆イアロト変遷史

Pocket

title
title

『イアロト変遷史・異聞 ロベルの手記』

・正式版公開のお知らせ (詳しくはリンク先を参照)
紆余曲折ありましたが、正式公開です。
Unityroomの方でも公開を再開していますのでよろしくお願いいたします。

Unityroomへ
アップローダーへ

※改造や解析などで知りえた情報を公開するのはおやめ下さい。よろしくお願いいたします。

※Mac版に関して、スタンドアロン時の不具合の報告をいただきましたので、一時的にMac版配布を見合わせます。
iOSの方は、UnityroomのWebGL版をお試しください。

・ジャンル:ノンフィールドRPG+サバイバルシミュレーション

—–

キー設定はこちらを参照して下さい。

※数々のご意見、ご提案本当にありがとうございます。
とりわけdahara1さん、sakuraさん、スート01さん、nekoyamaSさんには大いに助けていただきました。
いただきましたご要望実装の可否は、更新・修正を持ちまして返答とさせていただきます。
実装に多大な時間と労力がかかるものに関しては、対処不能な場合もあります。あらかじめご留意ください。

◆ 12/15更新
【更新内容】

◆注釈
・効力のあるオハアムは一度発見すると、他の記録にも発見状態が引き継がれます
また、ハード限定のボーパルバニーから入手できるオハアムは
一度入手すると、以降のプレイでも最初からノーコストで入手・使用可能状態になります
・ランダムイベントや正夢イベントで入手できるオハアムの式は、資料で確認できる部分となります
(一部のみ直接発見状態になります)
オハアム自体を識別するためには、改めて(樹符)から図形を組み合わせる必要があります

◆調整・修正
・イベントの発生状況に応じて、一部の会話内容を分岐・修正
・オハアム入手イベントのテキストを調整
・目標のヒントを若干修正
・探索地完了ボーナスの計算式を修正
→6、16、26、36、46でボーナスが1増える方式から、8、16、24、32、40で1増える方式に変更
(山や水場などの探索不能地域分があるため、乱数によって46が不可能なプレイが発生してしまうため)
・イベント中にダイアログが表示されているときにスキップボタンを禁止するように変更
(セリフの一括表示と組み合わせることで異常な動作が発生するため)

◆不具合の修正
・特定イベント戦闘中にゲームオーバーになった後にタイトルを経由せずオートセーブをロードすると
一部のイベントフラグが誤動作してしまう不具合の修正
(この状況下に陥った場合、申し訳ありませんがイベント戦闘直前のオートセーブ以前のデータを使用してください)
・ハードモードでのゲームオーバー時に一部の変数が初期化されない不具合の修正
・複数のイベントが同時発生する状況下で、一部のイベントが正常に動作しない不具合の修正
・亡命戦において、特定の条件下で会話がストップしてしまう不具合の修正
・イベントシーンで画面エフェクト中にスキップボタンを押すと、イベント終了後に背景がおかしくなる不具合の修正
(画面エフェクト中にスキップボタンが無効になるのは仕様です)
・ヴェパィムの2回目以降の分裂の必要日数計算が適切に処理されていなかった不具合の修正
・一部のアイテムの説明文の修正
・流木の砂漠でヴィスカの木ではなく湖沼鉄が手に入る不具合の修正
・塩漬け卵、燻製卵を食べた際に、食性補正が発生していなかった不具合の修正
・オハアム「いたずら白うさぎ」の効果表示が重複する不具合の修正
・一部の効果音が正常に再生されていなかった不具合の修正

—–

――――

ロベルの手記プレイ中に不具合が発生しましたら、こちらにて発生状況と症状をお知らせ下さい。ご要望も歓迎です。 差し支えなければ、スペシャルサンクスにお名前を掲載させていただきますので、お名前も併記して下さると助かります。

――――

【今後の想定スケジュール】
・正式版公開 12/9

・フィードバックをいただきつつ、ver.1.0に引き上げ

・収益を得る方法を模索しつつアップデート・次回作開発へ
(戦略AIが組める→戦略ストラテジー系 or まだ無理そう→経営系)

◆ CONCEPT
イアロト変遷史は、架空の世界を舞台に様々な政治・宗教ネタを扱うポリティカルフィクションです。
人間とは異なる知性化六種族によって形成された文明下で生まれた文化・習俗・事件をテーマに扱い、
わずかな既視感と現実離れしたモノの混合物――「これがこうなるのか」といった歴史のif的な面白さを、
様々なゲーム内要素を通して、プレイヤーの皆様に楽しんでいただきたく思っております。
目指すところは、――†『中二向けトゥキディデス』†――です。

※各内部設定は制作備忘録をご覧ください。

◆ 「ロベルの手記」あらすじ


――――